« ちびさん発熱 | トップページ | 世界のしげたろう(山本繁太郎) »

伊保庄(いほのしょう)のドウガメ

おはようございます。しげたろうの娘です。

柳井の辺りには、小さい子供をドウガメにたとえた遊び歌があります。

私も調べてみるまで知らなかったのですが、「ドウガメ」とは、古語でスッポンのことを指すようです。なるほど、たしかにうつぶせになった赤ちゃんをみると、カメっぽいポーズをしていますpenguin

小さい頃、父しげたろうをはじめ、母や祖父母は、よくこの歌をうたって私をあやしてくれましたhappy01

子供を横向きに抱き上げて、左右に揺らしながら、

どーん どーん どうがめ

こーりゃぁ どーこの どうがめじゃ

いーよのしょーの どうがめじゃ

すってん がらがら がっちん どーん

と歌い、最後の「すってん がらがら がっちん どーん」で、子供を床に下ろしてやります。

「いーよのしょー」というのは、父しげたろうの地元、伊保庄(いほのしょう)のことです。

茶目っ気のあった明治生まれの曾祖母(母の父の母)は、私たち兄弟に「どんどん どがめ」をやってやるときには、

これこそ いーよのしょうの どうがめじゃnote

とうたっていたそうです。孫である母の嫁ぎ先が伊保庄だったので、まさに私たちは「伊保庄のドウガメ」だったのですねhappy01

最近寝返りがうてるようになったちびさんに「どんどん どがめ」をやってやりながら、ふと曾祖母を懐かしく思い出しましたconfident

以上、山本繁太郎(山本しげたろう)の娘のブログでしたchickchickchick

http://shigetaro.jp/

|

« ちびさん発熱 | トップページ | 世界のしげたろう(山本繁太郎) »

ふるさと山口」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1020165/22119902

この記事へのトラックバック一覧です: 伊保庄(いほのしょう)のドウガメ:

« ちびさん発熱 | トップページ | 世界のしげたろう(山本繁太郎) »